2010年01月15日

薀蓄




うんちく。
準1級プラスに載せている語。
これは何故、草かんむりなのか、と思った。

で、まず、旺文社漢和辞典で「」を引いてみると、
 」の本字
とあるだけで、「」の項に誘導され、「うんちく」は「蓄」として載っている。

漢辞海だと、しっかりと「」の項は立っているものの、熟語としては「蓄」も何も載っておらず、解説文の中に
 現行『左伝』は「」にする
とある。
「左伝」とは「春秋左氏伝」で、「春秋」の注釈書とのことだが、要するにその書物の中では「」ではなく「」が使われているということなんだろう。
で、やっぱり「うんちく」は「」の項に「蓄」として載っている。

蓄」ではなく「蓄」が正しいのだろうか?

国語辞書を引くと、どちらも載っている。

ググってみると
"蓄" の検索結果 約 413,000 件
"蓄" の検索結果 約 235,000 件
となり、「蓄」が優勢。

ま、どっちでもいいんだろう。多分。


で、最初に戻って、何故草かんむりなのか。

旺文社漢和辞典の「」の「解字」に、
 草と、音を表す「」とで、
 草が深くて熱気がこもる、ひいて、蓄積する意を表す。

とある。
字義としても「積もる」「蓄える」などの他、「奥深い」などがある。

「蓄」も引いてみると、こっちの草かんむりは、草と言うより収穫物のことらしい。

とにかく、草とか収穫物とか、ひいては学問・知識を「たくわえる」意の2字で所謂「うんちく」の意味になる、と。

自分的にはこんなイメージ↓
100114.jpg
モネの「積みわら」。
Wikipediaより拝借。

posted by 並句郎 at 11:20| 漢字 | 更新情報をチェックする