2009年10月12日

くちへんの漢字の動詞

喰うとか噛むとかの口へんの字。
準1級プラスにも沢山入ってるが、動詞としては

噤む (つぐ_む)
囁く (ささや_く)
呟く (つぶや_く)
喘ぐ (あえ_ぐ)
唸る (うな_る)
呻く (うめ_く)


など。
かなり紛らわしい。

「噤む」と「囁く」は分かりやすいが、他はちょっと咄嗟には書けない。
(そう言えば「咄嗟」も何故に口へんなんだか)

旺文社の漢和辞典で、つくり部分の意味を見てみる。

喘… 耑=短で、みじかい意
唸… 念=粘で、ねばりつく意
呻… 申=のばす意

呟の玄については意味合いの解説は無かった。

喘=みじかい、は、息切れとか咳とかのイメージ? ぜんそく=喘息だし。
唸=ねばりつく、と、呻=のばす、は、似たようなイメージで区別しづらいな。

意味の解説が無い「呟く」が一番分かりにくい。
ここは無理やり「武田信く」と覚えておくか。
…無理やり過ぎて覚えられそうもないが ^^;


ついでに。
咄… 出=突で、つき出る意、突然叱る意
嗟… 差=なげいて発する声

「嗟」の方が良く分からんが…
「咄嗟」には、叱る、とか、ため息をつく声、とかいう意味もあるようで、その場合には「嗟」も意味を持つのだろう。


さらについでに。
札幌で漢和辞典をお探しのかたへ。
今日見たところ、BOOKOFF平岡店に、2007年刷の旺文社漢和辞典が\300(\350だったかも)でありました。
もし\100だったら間違いなく自分が買ってましたが ^^

posted by 並句郎 at 16:42| 漢字 | 更新情報をチェックする