2009年08月31日

「市町村合併で「地名」を殺すな」

洋泉社
片岡正人 著
市町村合併で「地名」を殺すな
(2005年6月28日 初版)


前の3分の1が(各論も含むが一応)総論、後の3分の2が一つ一つの新地名についての評。
「殺すな」のタイトル通り、相当に手厳しい。
自分は著者にほぼ同意する側なのでまだしも、「みどり市」や「さくら市」を支持する人が読めば大いに不快に思うだろう。

以下は、著者による、地名はいかにつけるべきかの「試案」。

--------
(1)合併する地域全体をほぼ指し示す広域名称や通称があれば、それを用いる。

(2)現在、その種の広域名称や通称がない場合は、古代や中世など過去にさかのぼって、それに該当する地名がないかを探し、適当なものがあればそれを用いる。旧郷名や旧郡名、荘園名などがそれにあたる。

(3)合併する地域の中に存在する象徴的な存在(川や山、神社仏閣など)から採用する。

(4)上記いずれでも適切な名称が見当たらない場合は、以下の三つの方法を選択する。
 (a)郡名や地方名などに方角を付けて示す。
 (b)合併する市町村のうち、規模が突出して大きな都市や、
   歴史的にその地方の中心としての役割を担ってきた都市がある場合は、
   その名称を継承する(中核都市名継承原則)。
 (c)合併する自治体の規模に大きな差がない場合などは、連称とする。

(5)やむをえず、新しい名称を考案しなければならない場合は、土地の歴史や地理を十分に研究の上、安易な瑞祥地名や観光振興を目的とした軽薄な名称は慎む。

(6)合併する旧市町村の名称は、それが適切な命名であったものに限り、下位の行政地名、すなわち「町」や「大字」「大字の冠称」「区」などとして極力残す。合成地名などをあえて残す必要はない。

--------

ちょっと補足。
(4)の(c)の「連称」とは、例えば「佐藤市」と「鈴木市」が合併するなら「佐藤鈴木市」とする、ようなこと。
(5)の「瑞祥地名」とは、例えば「共和・美里・栄・旭・緑」とか、そんなの。


自分の考えもこの試案に近い。
(2)で、あまり古い地名をほじくり返すのもどうかと思うが。
なぜかこの試案には入ってないが、著者は安易な平仮名地名も忌み嫌っている。
そこんとこも試案に入れたい。


また、別のところで

「合併する町村のうち一つの名称を用いると公平ではなく、対等合併になじまないという理屈は、単なる悪平等である。」

と書かれているが、ここが最も強く同意したいところ。
例えば「佐藤市」と「鈴木市」が合併して「佐藤市」になったのでは不公平だからダメ、ってやつ。
それで「佐藤」も「鈴木」も使えなくて結局「お花畑市」みたいな名前になって笑いものに、ってなケースが多いのではないか。
まさに悪平等。
学芸会の劇で一人のはずの主役が何人も出てくるとか、運動会の競争でおてて繋いでゴールインしてみんな1等賞とか、それと同じ馬鹿馬鹿しさ。


一方。

「「難読地名」を避けてはいけない」 として、

「読みづらい漢字があるということこそ日本の文化の多様性の一つであり、それを否定することはまさに言語文化の破壊である。」

と書かれているが、自分の考えはちょっと違う。
確かに難読漢字も日本の文化だが、文字も地名も一種の記号であり、読みやすさ・分かりやすさも考慮する必要があると思う。
(だからと言って平仮名やお花畑にせよ、というわけでは断じてない。)
“難読”も程度問題だが…


さて、後の3分の2の個別の新地名について。

県ごとに書かれているが、中でも一番ひどいと思ったのが山梨県
甲斐市」と「甲州市」というのが誕生した。
どう違うんだっての ^^;
どちらかが「甲斐」の起源の地だとか、昔の甲斐国の中心だったとかいうわけでもないようだし。
もちろん、元からあった「甲府市」も残る。
甲府市・甲斐市・甲州市…
それに加え、県名と同じ「山梨市」もある。
まあ山梨市は元々が「山梨」という地名だったようなのでいいのだが。


一方で「中央市」というのも出来た。
「中央市」ってさぁ…
合併協議会の議事録を見ると、選定理由としてこうある。

「地域的にこの地域が中央にある、県内の中央にあるというイメージができまして、また分かりやすく書きやすいなどの理由でございます。」

だそうだ。
県の(ほぼ)中央、書きやすい、のはその通りだが、しかしねぇ。

まあ中央“町”というのは以前から他県にあったが、市では初めてだと思う。(四国中央市はあるが)

中央“区”というのも多いが、同時に「北区」とか「西区」とかも多い。
その場合はその市(あるいは東京の区部)の中での相対位置を表すという意味・目的でいいだろう。
ここで重要なのは「市」だ。
例えば札幌市北区の住民が、東京で住所を聞かれた時に「北区」とは言わないだろう。
「札幌」(あるいは「北海道」)と言うはずだ。

同様のケースで甲府市民なら「甲府」と答えられるが、中央市民は?
住所を言ったり書いたりする時、必ず「山梨県」とセットにしなければならないだろう。
今後何かで中央市が有名になったとしても、「中央」だけでは「はぁ?」ってな顔をされるはず。
江戸時代までなら“甲斐の中央”という意識でもいいと思うが、この交通・通信が発達した現代で「中央市」?
あんたら山梨県から出たこと無いの?

中央市民の名誉のために。
上記リンクにもあるが、市名の最終決定は選考委員の投票によるもので、市民投票での決定ではない。
決定(内定?)後に市民から反対の意見も多かったようだ。
そりゃそうだろうねぇ。


で、山梨県のとどめが「南アルプス市」。
この名称、今までそんなに悪くはないと思っていた。
正式ではないにせよ既存の地名だし、北海道ではカタカナ地名が珍しくないせいかも知れない。
だが、今回改めて地図を見てみて思い直した。
もっと南アルプスに貼りついたと言うか、山並みに平行な市域なのかと思ってたが、むしろ“垂直”だ。
最高峰の北岳を市域に含んではいるが、それでもこれはちょっと違う気がする。



…と言いたい放題言わせていただいたが、この本でも相当に厳しい言葉が使われている。(山梨に限らず全体的に)
例えばこんな感じ。

「自らが育んできた文化を自らの手で葬る愚劣極まりない行為である。」
「きわめて幼稚である。」
「軽薄さだけが浮かび上がってくる。」
「まったく呆れてしまう。」
「幼稚園のクラスの名前を決めているのではないはずだ。」
「きちんと勉強してもらいたい。」
「断じて許されることではない。」


著者は読売新聞の記者で、紙面に連載された記事が元になっているようだが、それに「大幅に加筆した」とある。
紙面ではこんな言葉ではなかなか書けないから今回加筆しました、ということだろうか?
それとも連載時からこんな言葉だったのだろうか?


ところで自分の場合、今住んでいる札幌も、生まれたところも、過去に住んだところも、どこも平成の大合併とは無縁。
この地名論争に外野からしか参加できないのはちょっと寂しいが、お花畑的命名の犠牲にならずに済んだのは幸いだった。


長くなった。
ま、誰もここまで読んでないだろう ^^;
こんな話なら自分も本1冊分ぐらい書けそうだ。


posted by 並句郎 at 11:42|   図書館本各記事 | 更新情報をチェックする

2009年08月29日

かざぐるマウス

今朝PCを起動すると、Windowsの自動更新なんたらで IE8をインストールするか? との表示。

今まではIE6を使っており、何の不満も無かった。
もちろん 6→7→8とバージョンアップしているのは承知していたが、新しいのを入れると何かと面倒とかトラブルがありそうなのでスルーしていた。
だがまぁそろそろこの際ってことで、インストールしてみた。が…

やっぱ使いにくい!
慣れの問題だろうけどねぇ。

で、一番の問題は、IEや MSのせいではないのだが、マウスジェスチャーが使えなくなってしまったこと。
今まで Hironori Seki様の「HandyGestures ver.2.3」を使っていたのだが、残念なことに IE8では使えないっぽい。

マウスジェスチャーが使えないなんて有り得ない!!!

ってことで急遽他を探す。

で、Mitsuhal様の「かざぐるマウス」を導入。
サイト:Static Flower

Vectorからダウンロードしたらバージョンは 1.37だったが問題無い。
まずはひと安心。

Hironori Seki様、お世話になりました。
Mitsuhal様、お世話になります。


posted by 並句郎 at 12:45| 雑事 | 更新情報をチェックする

2009年08月28日

「鳥島漂着物語」

成山堂書店
小林 郁 著
鳥島漂着物語 18世紀庶民の無人島体験
(2003年6月8日 初版)


江戸時代から明治初期にかけて、鳥島に漂着した船は18艘にもなるそうだ。
そんなに多いとは知らなかった。
あんな孤島に18艘も…
それだけ遭難する船が多かったのか、それとも太平洋で遭難すると風や海流の関係で鳥島に漂着するケースが多くなるのか、分からないが。

当然、18艘というのは記録に残っているものだけ。
つまり漂着したのち救出されたり、自力で八丈島あたりまで辿り着いて日本本土に還ることができた例。
還れなかった例や、漂流中に鳥島を見つけても上陸できなかった場合も多いだろう。

この本はその18例のうち、主に5例について詳しく書いている。
本土出帆から遭難、漂着、島での生活、そして本土への帰還、さらに後日談。
メインとなるのは、本のサブタイトル通り「18世紀庶民の無人島体験」。
世に色んな無人島はあろうが、亜熱帯でそこそこの大きさなのに樹木が無い、というのは割と珍しいのではないだろうか。
漫画の無人島だって必ず椰子の木1本はあるし ^^
それでも流木を集めて船を作って脱出するなんざ、ほんまかいなと思うが、ほんまなんだろう。

書名は「物語」だが、あくまで現代人の著者が説明するという形。
かと言って硬くドライな論文という風でもなく、やや中途半端な印象はあるが、あとがきによると、学会で発表した論文が下敷きになっているようだ。

まあともかく、“漂流もの”が好きな自分としては楽しめた。


posted by 並句郎 at 11:51|   図書館本各記事 | 更新情報をチェックする

2009年08月27日

漢検 準1級の問題を作っているのは…

昨日のエントリの漢検理事会議事録の中に、「作問委員会」開催状況というのが載っている。

漏れなく載っていると思われる 20年度の第3回検定について見てみると、準1級は1級と併せての「原案検討会」というのが4回開かれている。
それと最後に1回だけの1~10級の「総合検討会」が関係するだろうか。

もちろん2級以下についても、それぞれ名称はバラバラだが5回程度のなんらかの「検討会」が開かれている。
ただ、2級以下の場合は最少でも7名なのに対し、1級・準1級の「原案検討会」は最大で3名、ほとんど2名での開催になっている。

毎回2~3名、ということは、おそらく固定したメンバーなんだろうと想像する。

そりゃまあ作ろうと思えば一人でも作れるだろうが、1級と準1級掛け持ちで2名って、やっぱちょっと少なくない?

さすがに準1級以上ともなると、作問に関われる人物というのも限られてくるからだろうか。
それとも、受検者の少ない級だから2~3人でテキトーに… ってことだろうか。

まあ少人数だからといって、変な問題作ってそれで合格率が極端に上下したりすればまずいことになるわけだし、過去問から出る部分も多いし、問題の質は一応大丈夫なんだろうと思うが…


ところで、「作問委員会」という言葉は初めて見たな。

「作問」で辞書を引いてみると、大辞泉には載っているが、大辞林には無い。
どうやらあまり一般的な言葉ではなさそうだ。

「作問委員会」でググってみると、検索結果 約 433 件 と出た。
やっぱ少ないな。

しかし、「433件」に「約」を付けるってどーなのさ Googleさん?


posted by 並句郎 at 11:53| 漢検 | 更新情報をチェックする

2009年08月26日

漢検 7月8日臨時理事会

漢検サイトで、「情報公開ページを更新しました。」とあったので、
全部は見てられないが、7月8日臨時理事会の議事録を見てみた。

7名の理事全員が出席ということで、まずは結構。

前半は昨年度の事業報告書案の報告。
あの頃は良かったね… という思い出話 ^^

それが中盤から厳しく険しくなってくる。

検定料を値下げしたことで、

・平成21年度は約20億円の収入減(志願者減少も含む)が見込まれる
・返金額が約4000万円、返金に伴う郵送料等の経費が約6600万円発生


とあり、関連質疑で、

(質問)返金経費の6600万円は送料等か?
(回答)人件費等の諸雑費を含めた経費。返金額より高額であり、実作業にも莫大な労力を要したが、信頼性を重視して確実な返金方法を採用した。


とのこと。
ご苦労さん。


受検者の減少については、

(質問)平成21年度第1回検定の志願者数は前年度の約70%とのことだが、減少した約30%はどういった内訳か。
(回答)団体・個人ともに約30%の減少。志願者推移は地域的にバラつきがあり、東京・神奈川など関東圏では28.7%である一方、関西圏や北海道では約40%もの減少が見られる。級別では10級や9級など下位級での減少が約40%と多く、2級、3級など上位級は30%程度である。これは下位級ほど保護者や教員からの印象が検定受検に強く影響するためと考えられる。


らしい。
漢検お膝元の関西で大きく減少したのは、やっぱ近親憎悪みたいなもの?
北海道の場合は… 単に不景気が原因な気がする ^^;


前理事長父子への損害賠償請求については、

(意見)賠償額の算定は前正副理事長の支払い能力も考慮に入れる必要がある。
(回答)保全できるものは保全した上で交渉していく。前理事長が漢字能力検定を我が子のように思う心情を察する事ができるので、これまでの功績を尊重しつつ交渉にあたる。


んー、甘い気がする。
「我が子」ってより、「我が物」なんじゃないのかねぇ。
まあ実際、無い袖は振れないわけだし、支払い能力の考慮は当然だけどね。


posted by 並句郎 at 11:45| 漢検 | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

JR4文字駅リスト

四字熟語パズルだが、4文字人名リストを作ったように、四字熟語に限らず4文字でさえあれば何でもよい。
なのでもう一つ、JRの4文字駅リストを作った。

元データは、スナフキん様の
「くだらない「地理情報」データ集のコーナー」
「日本全国駅名一覧のコーナー」より頂戴した。

そのデータの「JR○○」駅の「JR」が半角だったので全角に修正し、さらに
臨時駅が非掲載だったのでWikipediaの「臨時駅」の項を参考に
原生花園
婦中鵜坂
津島ノ宮
田井ノ浜 の4駅を追加した。

計 725駅。


ダウンロードは、四字熟語パズル フォルダの中の ekimei.txt からどうぞ。


スナフキん様への連絡先が不明だが、「このデータを利用されるのは自由」とのことなのでお言葉に甘えた。
この場を借りて御礼申し上げます <(_"_)>


もちろんJR以外にも4文字駅はあるが、そこはまあ個人的好みの問題。
お好みにより民鉄駅も加えるなどしてご利用下さい。

…などとここで公開しても需要はほとんど皆無かと思われるが… ^^;


************************************************
2010.3.17追記
 2010.3.13開業の 新宮中央 駅を追加し、計 726駅。

 また、「四字熟語パズル」は、その後四字熟語などパズルに進化しております。
 (パズル用リストは共通)
************************************************


posted by 並句郎 at 12:08| 漢字の周辺 | 更新情報をチェックする

2009年08月24日




それがどうした?

…って感じだが、準1級の「瀕」でもそうだったのだが、準1級プラスの「顰」にも「歩」が含まれており、この右下の点があるのか無いのかどっちやねん、と。

この点について、ちょっと前に読んだ漢字は日本語であるに何か書いてあったな、と思い出し、図書館でその部分を抜き書きしてきた。
ayumu.gif
点の無い字体が文中で表示できないので、赤字の
」が点の無い「歩」、
」が点の無い「少」とする。
「渉・捗・賓・濱・歳」も点の無い字体で書かれている。


「漢字は日本語である」 p138~139



」が「歩」になった理由

 ここでちょっと話を戻して、当用漢字表の制定にあたって、問題点がなかったかどうか考えてみよう。
 もちろんあるのである。
 当用漢字表を作ったとき、漢字の簡略化が行なわれたことはすでに述べたが、納得のいかないものも少なくない。
 代表的な例として、「歩」という字が挙げられよう。この字は、戦前の活字では、一画少ない「」だった。それを、簡略化を謳いながら、わざわざ画数を増やして「歩」にしたのである。「」という部分は「」「渉」「捗」「賓」「濱」「歳」などの字にしか使わない。これは効率が悪い。下の部分を「少」と同じにしたほうが覚えやすいのではないか、という考え方による。
 しかし、字源を考えると、「歩」は「」でなくてはおかしい。上の「止」は左足、下の「」は右足の足跡を表しているのであり、「少」とは何の関係もないからだ。
 このような字源を無視した、あまりにもご都合主義の“簡略化”が果たして本当に必要だったのか。小学生が「」を覚えるのと「歩」を覚えるのとで、それほど難易度に差があるとも思えない。





そう言えば将棋の「歩」の駒は点が無かったような…
見てみたら行書体なのでイマイチはっきりしなかった。

とにかくまあなんとも迷惑な話だ。
簡略化は「歩」に限らない。
準1級プラスの勉強をしていると、準1級にも増してそういう細かい差異が目に付く。
歴・瀝 とか、
替・僭 とか、
寧・濘 とか…

これらの簡略化も当用漢字制定の際に行なわれたのかどうかは知らないが。
まあ「歩」のように画数が増えたケースは他には無い…のか?


1級の受検はしないのであまり神経質になる必要も無いものの、やっぱ「ご都合主義の“簡略化”」はデメリットも大きかったのではないか?
今や字を手で書くよりも、こうやって機械まかせで打ち込む場合が多い。
どんなに画数が多く複雑だろうと関係無い。
もちろん“簡略化”当時にこんな時代の到来は予測出来なかっただろうが…

だからと言って今さら元に戻すのもまた混乱を招くだろうし。


ま、いずれ大陸中国の簡体字の使用が強制されそうな雲行きだし、どーでもいーか。


蛇足。
「歩」についてググっていて、こんなブログを見つけた。

【下村昇の窓/blog版】…【今日の漢字】と【今日の天声人語】

天声人語はどうでもいいが、漢字の話が、毎日ちょっと読むのにいい軽さだ。
下村先生、これから毎日読ませていただきますよ。


posted by 並句郎 at 11:51| 漢字 | 更新情報をチェックする

2009年08月22日

四字熟語パズル

****************************************************
2010.3.17追記
 「四字熟語パズル」は、その後「四字熟語などパズル」に進化しております。
 新規のお客様は「四字熟語などパズル」をご利用下さい。
****************************************************



頑張って覚えた準1級の四字熟語約千語。
印象の強いものは死ぬまで覚えてる気がするが、そうでないものはもう忘れ始めてると思う。
せっかく覚えたのに勿体無い。
かと言って地味にリスト見て復習する気にもなかなかならない。

そこで、四字熟語のパズルか何かないかな、と、Vectorで探してみた。
パズルのようなゲームのような、まあ色々あるようで、いくつか試してみたが…

希望としては、何より自分で問題編集が出来ること。
とりあえず準1級の四字熟語だけを復習したいので。
それと、時間制限があったりとか、妨害キャラが出てきたりとか、
そんなゲーム性は要らない
シンプルなのがいい

…でもそういうのが見当たらない。

なので、自分で作ってみた。4jp.gif

初期状態では、漢検四字熟語辞典に掲載の準1級の四字熟語の中で、「東大生」または「成美堂」の頻出語リストに掲載されている340語から出題される。
(「邑犬群吠」を含む。「そっ啄同時」を除く。)

問題は誰でも簡単に作成・編集できるので、他級の勉強にも使っていただけるかと。


詳しくは…四字熟語パズル readme


ダウンロードはこちら
欲しいものをクリックして開いたウィンドウの左上の「ダウンロード」から。

左端の 4j がプログラム。これだけでも上記初期状態で遊べる。
他の 4ja ・ 4jd ・ 4jk ・ nihonshi は問題ファイル(readme参照)。
readme は説明書(上のreadmeとほぼ同一)。

posted by 並句郎 at 10:58| 漢字の周辺 | 更新情報をチェックする

2009年08月21日

「地図に見る日本」

大修館書店
海野一隆 著
地図に見る日本 倭国・ジパング・大日本
(1999年5月1日初版、6月1日再版)


見開きの右ページに地図、左ページに解説の形で、カラー口絵も含めて90枚ほどの、日本を描いた東西の古地図を紹介する本。


人工衛星も航空機も無い時代、当然誰も見たことの無い図形を、わずかな情報を元に描くということの難しさ…
まあ、適当に描いてみたところで、誰も正解を知らないのだから、それはそれで気楽な作業だったかも、とか思ったり。
いや、どうしたって適当に想像で描くしか方法が無いわけではあるが。


A5版なので地図が小さく、図中の小さい文字が読めないのが残念だが、地図好きとしてはこの上なく楽しい本。
これは図書館で借りるだけでなく買いたいかも。
しかし定価2,600円かぁ…高いなぁ…
でもこれで地図をもっと大きく、カラーにしたら、1万円でもかなり売れるんじゃないかな。
自分は買えないけど… ^^;

なので「古地図」で画像をググってみる。

博物館なんかのサイトでも古地図を含め画像を提供しているところはありそうだ。
そう言えば確か北海道のどこかの何かのサイトにもあったような…
あった。これだ。

国土地理院にも「古地図コレクション」ってのがあった。
これは面白い。

こんなもん、じっくり見てたら時間がいくらあっても足りないな ^^;


posted by 並句郎 at 11:33|   図書館本各記事 | 更新情報をチェックする

2009年08月19日

よく使うけど読めない漢字

Infoseek マルチ辞書
この中の漢字辞典を時々利用する。

このページの右側に「よく使うけど読めない漢字」という枠がある。
内容は時々変わる…のかな?
よく分からんが、今日現在は以下の語が載っている。

・大童  ・泡沫  ・凡そ
・彼奴  ・許婚  ・烏帽子
・如何  ・似非  ・給仕
・胡散  ・案山子 ・予て
・憂世  ・白粉  ・黄な粉
・芥子  ・強ち  ・遍く
・狩人  ・瓦礫  ・雖も
・屹度  ・幾許  ・些か
・徒に  ・労う  ・軋む
・一期  ・畏怖  ・苟も
・慇懃  ・陽炎  ・迂闊


漢検の勉強のおかげで大体は読める。
いや、特に勉強してなくても「給仕」や「黄な粉」は普通読めるだろーと思うが…

憂世」が初見だった。
どんな読み方をするのかと思えば「ゆうせい」って、そのまんまじゃん!
意味も「国家や世の中のことをうれえ心配すること。」とのことで文字通りだ。
でもそういう言葉があることは知らなかった。
覚えておこう。

苟も」も知らなかった。
正解は「いやしくも」。
画数の少ない簡単な字だが1級配当のようだ。
まあ書くなら「卑しくも」を知っていればいいだろうが、「苟も」の読みも一応覚えておこうか。

泡沫」はもちろん「ほうまつ」でも正解だが、ここは「うたかた」と読ませたいのだろう。
そう言われればそうだったねーって感じ。

「瓦礫」「雖も」「軋む」「慇懃」「迂闊」は、今、準1級プラスで勉強しているので、書くこともできるようになりつつある。

その準1級プラスだが、追加候補語をぼちぼち集めている。
近日増補改訂予定。
誰も待ってないのは分かってますはい ^^;


posted by 並句郎 at 11:40| 漢字 | 更新情報をチェックする