2009年01月30日



門外漢には「四」の右縦棒を除いただけにしか見えない文字。

なんでこんな変な形なのか?

手元の漢和辞典を引いてみる。

[解字]
象形。
織物を2枚並べて掛けたさま
で、布2たんの意。
転じて、馬を数える語、また「たぐい」の意に用いる。



これが象形文字だってのは意外だった。
「四」とは無関係らしい。
中の「儿」のような2本線が、その掛けられた織物を表しているようだ。


意味としては動物の単位の他に、

たぐい
つれあい
つりあう


などがある。

熟語として挙げられている中で知っているのは「匹敵」だけだが、
なるほど、二つのものが釣り合っている様子だ。

なんか妙に納得する。
posted by 並句郎 at 10:33| 漢字 | 更新情報をチェックする

2009年01月29日

日本の国防は…



2005年と2007年という短いスパンでの比較だが、
図中、日本だけが減少している。

どう見ても国防費を減らしていい状況じゃないと思うのだが。

大丈夫なのか日本の国防は!



てゆーか。

内部から崩壊しそうな雲行きだしな。

もうダメだろ。日本… orz

posted by 並句郎 at 11:04| AFP | 更新情報をチェックする

2009年01月28日

浄土宗・浄土真宗

昨日に引き続き…

浄土宗も、その始まりは平安期だったようだ。

ということでついでに…


浄土宗・法然浄土真宗・親鸞

寺に、しん しんと雪が降る
 ↓ ↓    ↓  ↓
浄土宗 法然 浄土真宗 親鸞




・浄土真宗の興りは鎌倉期。

・「浄法寺」は岩手県の地名。
posted by 並句郎 at 10:16| 雑事 | 更新情報をチェックする

2009年01月27日

平安時代に興った仏教

天台宗真言宗

語呂合わせで覚える。


天台宗・最澄・比叡山延暦寺

 べるのは遠慮しよう
 ↓ ↓  ↓     ↓
天台宗 最澄 比叡山  延暦寺



真言宗・空海・高野山金剛峰寺

 を得るにはがいる
 ↓ ↓      ↓  ↓
真言宗 空海   高野山 金剛峰寺



意味、というか、今さら覚える意義は無いが ^^;

記憶することが趣味なのかも…?
posted by 並句郎 at 09:26| 雑事 | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

国士無双

国士無双って、そもそも何?

Wikipediaより。

もともとの名称は十三ヤオ九(十三幺九、シーサンヤオチュー)で、国士無双は雅名である。「国士」はその国の中で最も優れている人物、「無双」は並ぶ者のない意味を指す。語の出典は史記、淮陰侯列伝。


国語辞典でも、

国内にならぶ者のない、すぐれた人物

などとして載っている。

だったら国士無双じゃなくて無双国士じゃん。
まあ、もとが古代中国じゃ仕方ないけど。


ところで、なぜあの役を国士無双と言うのか?

並ぶ者の無い、まさに「無双」な牌が13枚(頭を除く)だからか?
それって…
それぞれは無双といえば無双だが、13枚がどんぐりの背比べじゃん。

それとも、並ぶものの無いほど難しい役、という意味だろうか?
そりゃ確かに難しいが、もっと困難な役はあるだろう。

んー…

あ!

13の国があって、それぞれに無双な国士がいる
っていう状態のことかな?
posted by 並句郎 at 10:24| 言葉・疑問 | 更新情報をチェックする

2009年01月23日

亡くなる

去年の12月23日、「天逝」のタイトルで書いた

Wikipediaの記事内で「天逝」と書いたところがあった、という話だが、
死んだのはその項目の人物が飼っていたペットだったので、
その部分を「死んだ」と修正しておいた。

ところがその後、その部分が「亡くなった」と誰かに改変されている。

ん?

ペットが亡くなる」?
変じゃないか?

辞書を引くとやはり、「亡くなる」というのは「人が死ぬ」ことだ。

「ペットが亡くなる」でググると、ペット葬儀屋が沢山ヒットする中で、
トップに出てくるのはNHKの「気になることば」という番組のページだった。

それによってもやはり「ペットが亡くなる」というのは「おかしな表現」だ、と。


まあ、飼っていた本人の心情としては「亡くなる」でいいだろうが、
Wikipediaのような場では、やはり相応しくないだろう。

とはいえ、つまらぬ編集合戦になるのもアレなので、そのままにしておこう。

それとも、「亡くなる」に変えたのは飼っていた本人だろうか…?
posted by 並句郎 at 10:33| 言葉・疑問 | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

エストニア

est.gifバルト3国のひとつ、というだけで、
どんな国なんだかまったく知らないが、
その国旗が好きだ。
構成はよくある3色横縞のパターンだが、配色が良い。


その各色の意味は?と思ってググると、サイトにより微妙に異なる。

最大公約数的には…

・青…空・海
・黒…大地
・白…未来


あたりか。

その意味付けとは異なるが、じーっと見ていると、

青空と
暗い海と
雪の積もった大地


の風景に見えてくる。
posted by 並句郎 at 10:22| 言葉・疑問 | 更新情報をチェックする

2009年01月21日



考えてみれば変な文字だ。
水に棲む魚に、あえてさんずいを付けてどうしようというのか。
しかもそれで魚を獲る行為を表すというのも納得できない。

漢和辞典を引いてみる。

[解字]
会意形声。
ギョ(うお・すなどる)に氵(水)を加えて、「すなどる」意に用いる。



国語辞書を引くと「すなどる」とは「魚や貝をとる」ことだが…

ん?
そもそも「魚」に「すなどる」意があるのか?

「魚」で漢和辞典を引いてみる。

[意味]
1)うお。さかな。
2)すなどる。魚をとる。すなどり。
 (3以下略)



へぇ。
「魚」自体に「魚をとる」意があるようだ。

だったらそもそも「」の字は必要ないのでは?

まあ、魚と、それを獲る行為とで別の字を持っていた方が便利かも知れないが。

だとしてもやっぱり、さんずいに魚、は納得できない。
さんずいではなく、手へんか何かにした方が良いと思う。

…と言ってみたところで始まらないが ^^;
posted by 並句郎 at 10:36| 漢字 | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

ゲシュタルト崩壊

ひとつの文字を見つめ続けているとワケワカラン状態になる、あの感じ。

ゲシュタルト崩壊
と言うのだと知った。

それだけ。
まさに覚え書き。
posted by 並句郎 at 11:47| 言葉・疑問 | 更新情報をチェックする

2009年01月19日

プラネタリウム

この言葉は「プラネット」から派生したものだと思うが、
今のプラネタリウムでは惑星なんて脇役でしかないだろう。
元は惑星だけだったのだろうか?


Wikipedia~プラネタリウム

プラネタリウム(英:Planetarium)とは、惑星(プラネット:planet)の運動を再現し映写する装置をいう。
現代では惑星のみならず恒星を含む星空全体とその運動を再現する装置へ進化した。



やっぱり。


では、現代のプラネタリウムに、より正しい言葉をつけるとしたら…?

starium? ベタか? ^^;
posted by 並句郎 at 10:29| 言葉・疑問 | 更新情報をチェックする