2008年12月22日

閨閥

恥ずかしながら、「閨閥(けいばつ)」という言葉を初めて知った。

意味は?

妻の親類を中心に結ばれている勢力。(大辞泉)

妻の姻戚関係で結ばれた勢力・集団。(大辞林)


しかしWikipediaでは、

閨閥とは政界、財界、官界さらには皇室(王室)、華族(貴族)に属す一族が自身の影響力の保持および、増大を目的に一族の子弟、子女を婚姻させ強固な関係を構築した結果できた血縁によるネットワークのことである。

とあり、ググるとそれに準じた意味合いでの記述も多い。

国語辞典では「『妻の』親類(を中心に)」と、かなり限定されているが、一般にはもっと広い意味で捉えられているようだ。


すると、「」の字の意味が気になる。
手元の漢和辞典より。

意味
1)宮中の小門。
2)ねや。婦人の部屋。
3)婦人。
4)男女の情事。


とある。

やはり、「妻・婦人」にポイントを置いて解釈すべきか。
posted by 並句郎 at 10:35| 言葉・疑問 | 更新情報をチェックする