2008年12月16日

花王

昨日のハミガキつながり。

花王」って、そもそも何?
それと、なんでマークが三日月なのか?

花王のサイト、企業紹介~小史

1890年発売の「花王石鹸」は、当時“顔洗い”と呼んでいた化粧石鹸の高級な品質を訴求するため、発音が“顔”に通じる「花王」と命名したもので、現在の社名の起源となりました。このとき“美と清浄のシンボル”として使われた「月のマーク」は、形を変えながら今日まで社のマークとして受け継がれています。


」だったのか。
それで英文表記も「Kaou」とか「Kaoh」とかでなく「Kao」なのか?

月が「美と清浄のシンボル」というのは…
大いに納得できる、わけではないが、まあ分からないでもない、って感じ?
でも普通、社名が「花王」ならマークは何かの花にするだろ、と思うが。

で、そのマークの変遷も上記ページにある。
次第に現代的になってきているのは当然として、
当初右向きだったのが、ある時突然左向きに変わっている
なぜ?
「小史」には書いてないので、Wikipediaを見ると、

下弦の月はだんだん欠けていくので縁起が悪いからと左向きに変わる。

とのこと。
なるほど。
だったら最初から満月マークにしておけば…
とまでは言うまい ^^;
posted by 並句郎 at 15:42| 言葉・疑問 | 更新情報をチェックする