2018年07月15日

「こうして新地名は誕生した!」

180715.JPGベスト新書
楠原佑介 著
こうして新地名は誕生した!
(2008年4月20日 初版第1刷発行)


いわゆる“平成の大合併”で誕生した新地名が問題だ! という本。
これとかこれとか、類書はたくさんあるが、新書で読みやすそうだったので借りてみた。

で、例えば、
「平成の大合併」では、全国各地でもうほとんど「珍名」「愚名」のオンパレードの感があった」(P70)
とか、そんな調子。
同感だ。


で、ただダメだと言うだけではなく、逐一代案が提示されている。
その代案、つまり本来はこう命名するべき、というところの考え方・方針が特徴的、かも。
その地域を指すのに適当な地名が現在無いなら、古い地名から探して用いよ、と。
つまり旧郡名や荘園名など。
前掲の「市町村合併で「地名」を殺すな」なんかでもそうした考え方が提示されていたし、基本的にはそれも良いとは思う。
が、それが現在のその地域の片隅にでも生き残っているならまだしも、現住人の誰も知らないような旧地名を古文書から発掘してでも採用すべき、とは自分は思わないし、現実問題として住民の同意が得にくいだろう。
字面や語感がよければ別かも知れないけれども。

日本列島は地球上でも最も歴史的・伝統的地名群が記録されている」(P24)と言うが、現在使われておらず古文書にしか見当たらないならそれは「伝統的」とは言えまい。
そんな化石をかつぎ出すぐらいなら、全く新しい名称を考案した方がまだいくらかマシだと思う。

著者は現代だけでなく近代に作られた地名もお気に召さないようだ。
古けりゃいいってものでもないと思うんだが…
いかに古かろうが所詮は人間がつけた地名だし、古文書に見えるからといってその当時その地域で確かに通用していたという保証も無いんじゃないの?
どうも古文書原理主義とでも言うか、そんな傾向がちょっとなんだかなーって感じ。


というわけで“代案”部分はやや疑問だが、問題提起部分は納得できるし勉強になる。
著者のウェブサイトもあるようだが、10年以上更新されていない。
1941年のお生まれとのことなので年齢的な問題かも知れない。
本を買ってもいないのに文句ばっかり言ってすみませんでした。

posted by 並句郎 at 22:40|   図書館本各記事 | 更新情報をチェックする

2018年07月09日

漢熟検の過去問 2017年度第3回

漢熟検過去問

前回前々回に引き続き、昨年度の第3回の2級と1級の問題をやってみた。
結果、いずれも100点満点で、
 2級 93点
 1級 69点
  (合格基準は80%程度の正解)

んー…
良くないな。

2級はひょっとして99点取れたんじゃね? と思ったが、ポロポロ間違えた。

1級は全体的には前回・前々回と大差ない難度かと思ったが、専門用語問題がダメだった。
「干支や八卦で方位を表したもの」の書き問題。
干支は以前覚えたはずだったが忘れかけていた。
いや、覚えていたとしても、あれ? 出題の図となんか違わね???
八卦とかも知らないし。
よく漢和辞典の巻末などに載っている図はチラ見してはいても記憶するほどは見てなかったし。
結局10問中4問しか正解できず。



今回の合格率は、
 1級…20.0%
 2級…61.5%

1級!
合格率、ブレ過ぎだろ!
でもまあ、1級だしね。
前回までが高過ぎたんじゃないだろうかね。


■合格率(%)推移■
         1級  2級
2015年度 第1回 21.4 61.9
2015年度 第2回 12.5 36.8
2015年度 第3回 16.6 43.7
2016年度 第1回 42.8 35.0
2016年度 第2回 50.0 31.2
2016年度 第3回 42.8 33.3
2017年度 第1回 66.7 33.4
2017年度 第2回 50.2 51.7
2017年度 第3回 20.0 61.5


--- 以下、ネタバレ注意 ---




ところで、1級の標準解答に疑問点が。


「サヤエンドウ」の書き問題。
標準解答は「莢豆」。
え?
そこは「莢豆」じゃないの?


誤字訂正の10問目。
「(略)晴天の霹靂で(略)索縛たる思い(略)」
標準解答は「縛→漠」。
うん。
そこもヘンだとは思ったよ。
でも絶対これは「」だと思って、自分はそう解答した。
ちょっとググってみても「晴天の霹靂」は誤りみたいだけど…


この2ヵ所、「豌」と「青」でOKならプラス2点で71点になるんだけどなー。
合格には程遠いけどさー。

posted by 並句郎 at 20:07| 漢字の周辺 | 更新情報をチェックする

2018年06月29日

無差別級漢字 今昔写真館 014 「徐」

行してください。
konjaku014.JPG



札幌市内某所。
撮影は昨年。
一見すると「自転車の徐行はキケン!」と言ってるように見えてしまうのは自分だけ?
ん!? …と思わせて減速させようという高等戦術だろうかね ^^


漢字ペディアによると「徐」は漢検3級配当。
部首は「彳」。
読みは、
 音読み=ジョ
 訓読み=(表外)おもむろ


「徐(おもむろ)に」は、意味が取り違えられている言葉として結構有名かもね。
例えば日テレNEWS24(魚拓)
本来の意味は「ゆっくりと」だが、「不意に」という意味で使う人が約4割に上った。

あ、え?
あぁ、そうですか。
自分もかつては誤解していたが、「不意に」って感じじゃなかったなぁ。
不意といえば不意かもだが、別の言葉にすれば「なにげなく」がぴったりくる感じ。
まあいずれにしても「おもむろ = 徐」であることを知れば「ゆっくりと」なのは納得。


で、上で例示するためにページを探していて、別のこんなのも見た。
コトバノ様(魚拓)
「やおら」の意味も知っておこう
「やおら」も「徐ら」と書く
静かにゆっくりと動作する様子


え?
そーなの?
へー。
これは今まで知らなかった。
「やおら」こそ「不意に」とか「急に」ってイメージだった。
これも「ゆっくり」なのか。
で、「徐ら」と書く、と。
大辞林にも載っているから間違いないのだろう。
「徐」の読みとして「やお(ら)」は漢字ペディアに載っていないし、漢検受検には不要な知識だとは思うけれども。


「徐」の字の成り立ち。
例えば漢字典では、音符「余」の意味付けとしては「舒」に通じて「ゆるやかの意」とし、「彳」と合わせて「ゆっくり行く、「おもむろ」の意を表す」とのこと。

posted by 並句郎 at 22:12|   写真館各記事 | 更新情報をチェックする

2018年06月17日

「名人を夢みて」

180617.JPGNHK出版
椎名隆一 著
名人を夢みて 森内俊之小伝
(2008年10月15日 第1刷発行)


自分の場合、将棋の駒の動かし方などを覚えたのは割と早く、小学校に上がるかどうかぐらいの頃だったと思う。
なのにその後およそ上達するということがないまま、今に至る。
それでもなんとなく将棋の世界には興味があり、いわゆる“観る将”の端くれではあるかも。

で、その観る将的に好きな森内さんの“小伝”を借りてきた。
誕生から18世名人になるまで。
(元は、NHK将棋講座の平成19年4月号から平成20年3月号に連載した「森内俊之小伝」とのこと)
それと、ご本人による自戦記つき。


で、まあ、やっぱり、厳しい世界だねぇ。
読んでいる方も息が詰まるような。
羽生さんと同世代なのは、よかったのか悪かったのか。
でもまあ文章は平易だし、ほのぼのした感じもあったり。
俊之少年の成長、棋士森内の人となり、他の棋士とのぶつかり合い…
自分は男なのでこれはもちろん想像だが、森内さんって母性本能をくすぐるタイプなんじゃないかなーとか思ったり。

その“小伝”部分は100ページちょっと。
後半の自戦記部分には棋譜も載っているが“観る将”が理解するのは無理なので、棋譜以外の部分を流し読み。
将棋に興味の無い人でも気楽に面白く読めると思うし、腕に覚えのある人なら棋譜どおりに並べてみれば2倍楽しい!かも ^^

posted by 並句郎 at 22:09|   図書館本各記事 | 更新情報をチェックする

2018年06月12日

漢熟検の過去問 2017年度第2回

漢熟検過去問

前回に引き続き、昨年度の第2回の2級と1級の問題をやってみた。
結果、いずれも100点満点で、
 2級 93点
 1級 74点
  (合格基準は80%程度の正解)

どっちも、う~ん… って感じ。


1級では専門用語問題が復活した。
いや、専門と言っても、和菓子の名称だけどね。
ようかん、とか、ぼたもち、とか。
馴染みはあるものの、いざ漢字で書けと言われると、あれ? と。
10問中6問しか書けなかった。



今回の合格率は、
 1級…50.2%
 2級…51.7%

1級は前回より下がったとは言え、半数が合格しちゃうのはどうなんだかねー。


■合格率(%)推移■
         1級  2級
2015年度 第1回 21.4 61.9
2015年度 第2回 12.5 36.8
2015年度 第3回 16.6 43.7
2016年度 第1回 42.8 35.0
2016年度 第2回 50.0 31.2
2016年度 第3回 42.8 33.3
2017年度 第1回 66.7 33.4
2017年度 第2回 50.2 51.7

posted by 並句郎 at 21:36| 漢字の周辺 | 更新情報をチェックする

2018年05月29日

無差別級漢字 今昔写真館 013 「西」

西 戸崎駅。
konjaku013.JPG


さいとざき駅。
福岡県。
撮影は1986年。
今さらながら、西城秀樹さんが亡くなった。
格別ファンではなかったが世代的にはドンピシャで、ザ・ベストテンでは毎週YMCAを見ていたような…
そのヤングマンを引き合いに出すまでもなく若さの象徴であったかのようなヒデキが死ぬとか冗談もほどほどに…

ご冥福をお祈り致します。


で、もちろん、ヒデキを撮影したことなどあるわけもなく、そんなわけで無理やりこの西戸崎駅 ^^;
駅の記憶はほぼ無い。
香椎からとんぼ返りしただけだった。


漢字ペディアによると「西」は漢検9級配当。
部首は「西」。
読みは、
 音読み=セイ・サイ・(表外)スイ
 訓読み=にし

表外の「スイ」ってのは…
「西瓜」用、かな?


字の成り立ちについて、例えば漢語林では、
象形。酒などをこすための竹かごの形にかたどる。
…とのこと。

で、その字が方角の西を表すようになったのは、漢語林などでは単に「借りて」となっているだけ。
ところが、例えば漢字源では、
ざるに水を入れるとさらさらと流れ去って、ざるが後に残ることから、日の光や昼間の陽気が、ざるの目からぬけるように流れ去る方向、つまり「にし」を意味することとなった。
…と。

また、漢辞海では、
(鳥が巣の上にいる様子の象形文字とした上で)「日が西に位置すると鳥は巣に棲やどるので、それを東西の西とした。
で、
「棲」は西の異体字
…ともある。

さてさてどれがホントなのやらこじつけなのやら。
はっきりしないのなら「借りて」とだけしておく、というのも見識だと思うが、そうせずに色々書くのはそれなりの根拠や自信があるのか無いのか…

posted by 並句郎 at 21:55|   写真館各記事 | 更新情報をチェックする

2018年05月24日

募金

昨年、今昔写真館の「募」のところで、「募集」と「応募」の混同についてちょっと書いたが、今回は毎日新聞サイトのこの記事。

「募金」に「お金を出す」意味、6割弱が認める (魚拓)

「募金をする」という表現。お金を出すこと? 集めること?
 お金を出すこと 29.4%
 お金を集めること 41.3%
 両方の意味を持つ 29.3%



んー…
そうですか。

こうなるともう漢字は表意文字ではなくなってしまうね。

よくある誤用で、例えば「命題」だったら、まだ漢字の表意性が無くもない、ような気もするので、比較的マシ、かもしれない。
だが、「金を出す=募金」はダメだろー。
でもなぁ。
実際のところよく見聞きするしなぁ。
手遅れか。

…ってなことを言うとよく言われるのが、「言葉は変化するものだ」みたいな意見。
だから認めろ、許せ、気にするな、細かいこといちいち嚙みついてんじゃねぇよ! と。
うん。
変化するのはいい。
が、この場合は明らかな誤り、それも正反対方向への誤りが誤りでなくなろうとしている変化だ。
それは極力避けるべきだと思うんだけどねぇ。

まあ、そうやって誤用が定着してしまった言葉を、それとは知らずに自分も使ってる例は多分あるだろうけどもね。
でも今まさに変化の途中で、それが誤りだと知ってる以上、どうしても気になるのは仕方がない。
少なくとも自分は誤用しないようにしよう。

posted by 並句郎 at 21:57| 言葉・疑問 | 更新情報をチェックする

2018年05月21日

漢熟検の過去問 2017年度第1回

漢熟検過去問
しばらく更新されず、もう公開しないことにしたのかと思っていたら、2017年度の全3回分が一挙に掲載された。
ありがとう漢熟検! 受検はしないけど!

で、まずその第1回の2級と1級の問題をやってみた。
結果、いずれも100点満点で、
 2級 97点
 1級 80点!
  (合格基準は80%程度の正解)

2級は過去最高点。

1級は前回前々回に引き続き簡単だった印象。(1級にしては、ね)
3回連続80点というのはすごい偶然だ。

標準解答から外れた解答でも、漢検の許容字体なら漢熟検でも許容されるだろうか。
許容されるなら、1級はプラス1点で81点になる。


1級恒例だった専門用語問題は出なかった。
その代わり(?)に、「自然」のような「○然」という2字熟語の1字目を書く問題が10問。
なかなか斬新な出題だ。
が、この形式で10問も出せる字・語は限られてるだろうね。
いずれまた専門用語問題が復活するんじゃないかと想像。



今回の合格率は、
 1級…66.7%
 2級…33.4%

1級がえらく高いな。
まあそのおかげで自分なんかでも合格圏だったわけだが、実際の受検者にとっては1級のありがたみが… どーなのか。


■合格率(%)推移■
         1級  2級
2015年度 第1回 21.4 61.9
2015年度 第2回 12.5 36.8
2015年度 第3回 16.6 43.7
2016年度 第1回 42.8 35.0
2016年度 第2回 50.0 31.2
2016年度 第3回 42.8 33.3
2017年度 第1回 66.7 33.4

posted by 並句郎 at 19:44| 漢字の周辺 | 更新情報をチェックする

2018年05月14日

無差別級漢字 今昔写真館 012 「新」

千歳空港駅。
konjaku012.JPG



撮影は今月。
最近一番驚いたニュース。
新千歳空港駅、路線改修へ 苫小牧・道東方面が直通に 22年の完成目指す(北海道新聞(アーカイブ))

これだけでは詳細が分からず、なんとも…
その翌日あたりに5ちゃんねるを見てみたが、ルートなどが不明なのでやはりなんとも… な感じだった。

いずれにしてもかなり大規模な工事だ。
事業費は1千億円規模」とのこと。
んー、費用対効果はどうなのか…
もちろん、ヨレヨレのJR北海道が大きな負担をするわけもなく、ほとんどは税金ってことになるのだろう。
世間は納得するのか?って気もする。
恐ろしいほどに寂れきった苫小牧駅が少しでも賑やかになれば、とは思うが…


ルートなどについてもう少し詳しい記事。
新千歳空港駅に大規模改修構想、気動車の地下駅乗入れは大丈夫か(マイナビニュース(アーカイブ))

札幌~道東がスイッチバックにならずによかった。
駅は拡張ではなく丸っきり新設になるのだろうか。
略図の感じからすると、国内線・国際線両ターミナルの中間にできるのか?
新・新千歳空港駅か ^^

現在の線路は貨物用に残すのだろう。
ムダにも見えるが、地下の空港駅に貨物を通すわけにもいくまい。
想像しただけでもやかましくて仕方がない ^^
保線費用はJR貨物にしっかり負担してもらおう。
気動車の件については関係者の皆さんなんとかしてください。


が。
個人的にはそんなことよりも。
ルートがどうあれ、快速エアポートがロングシートってのがねぇ…
あと、空港行きの場合、札幌始発じゃないと座れるかどうかが、ね。
始発だとしても並ばないとだし。
空港発の場合はいくら混雑してても1本遅らせれば座れるし、以前ならそれがクロスシートだった。
しかしロングが増えてからは空港発でも乗る気が失せ、今はバスにしか乗らない。

そういう、ロング嫌いな人が他にもいるのかどうか。
多分いると思う。
「エアポート ロングシート」でググってみたら、やっぱりいた。

これが5分や10分の乗車ならロングでよい。
あるいは全線市街地なら、まあロングでもよい。
しかし空港~札幌で37分、途中緑の中を走る区間も短くはないし、何より観光客も多いはず。
北海道の旅の最初や最後に、景色もロクに見えないロングシートで37分というのはちょっとどうなのかと思わざるを得ない。
クロスのuシートは高いし満席のこともある。

あ、色々ツッコミたいそこのあなた。
混雑緩和云々だとかは承知の上での、沿線民でもない奴の無責任な戯言なので看過されたし。
しかしこれだけ鉄道好きな自分にさえ見向きもされないようでは、やはりちょっとねぇ…
自分の場合には自宅がバス利用に比較的便利なこともあるが。
今回も空港への行き帰りはバスで、このネタにしようと写真を撮るだけのために駅に行った。

…というわけで。
北都交通さんSAPICAを使えるようにしてくださいお願いします ^^;


あ、漢字の話ね ^^;;;
漢字ペディアによると「新」は漢検9級配当。
部首は「斤」。
読みは、
 音読み=シン
 訓読み=あたら(しい)・あら(た)・にい・(表外)さら

「さら」ってのは知らなかったな。
「まっさら」の「さら」かな?
そうらしい

字の成り立ちについて、例えば漢語林では、
形声。斤+木+辛(音)。音符の辛は、刃物の象形。木を切ってたきぎにするの意味を表す。薪の原字。また、切り口があざやかなところから転じて、あたらしいの意味をも表す。
…とのこと。
「シン」って音は「辛」から来てるのか。
それも知らなかった。

posted by 並句郎 at 21:54|   写真館各記事 | 更新情報をチェックする

2018年04月26日

無差別級漢字 今昔写真館 011 「豊」

平館。
konjaku011_1.JPG



札幌・中島公園にある豊平館(ほうへいかん)。
撮影は2001年。
konjaku011_2.JPG札幌もそろそろ桜の季節なのでね。

豊平館は明治に建てられたホテル。
今は宿泊はできないが貸室などとして使われている。


この額の字が気になる。

「豊」は旧字体()のようだが、ワかんむりのようなものが見える。
しかしそんな字は漢和辞典を見ても載ってない。
wiktionaryにも載ってない。
ワかんむりより上の部分もよく分からん。
山の字の左右の縦棒を、上ではなく下に延ばしたら、これに近い形になりそうだが…
書いたのは三条実美らしいが、単に間違えたのか、当時の流行なのか、それとも何か深い意味が…?

「平」も、中の点々が下開きで八の字になっている旧字体。

「館」は新字体っぽいが1画足りないような…?

いや、何も三条先生に楯突く気はありませんけれどもね ^^;


漢字ペディアによると「豊」は漢検6級配当。
部首は「豆」。
読みは、
 音読み=ホウ
 訓読み=ゆた(か)・(表外)とよ

「とよ」って表外読みなのか。
子供だって読めると思うがなぁ。
「とよ」だけじゃ言葉にならないから、とかいう謎理屈なのかと想像。

字の成り立ちとしては、例えば漢字源では、
ホウは、△型にみのった穂を描いた象形文字。豐は「山+豆(たかつき)+音符 丰二つ」で、たかつきの上に、山もりに△型をなすよう穀物を盛ったことを示す。
…とのこと。

posted by 並句郎 at 21:14|   写真館各記事 | 更新情報をチェックする