2020年05月24日

無差別級漢字 今昔写真館 043 「惚」

れたっ。
konjaku043.JPG






札幌の、ススキノ十字街ビル。
撮影は2018年。
「ラフィラ」が17日に閉店した。
ビルは建て替えられるとのこと。
100均と本屋ぐらいしか利用したことは無かったが、見慣れたビルが無くなるとなれば寂しさもある。
すすきのの一等地だし、建て替え後もまたこういう広告が掲げられるような感じになるのだろうか。
向かいのニッカおじさんのような名物ができたら面白いね。


漢字ペディアによると「惚」は漢検準1級配当。部首は「忄」。
読みは、
 音読み=コツ
 訓読み=ほ(れる)・ぼ(ける)・ほう(ける)・とぼ(ける)
[なりたち]は、
会意形声。心と、忽(コツ)(ぼんやりする)から成る。


「惚ける」を読め、と言われたら答えに迷うね。
「ぼ(ける)」・「ほう(ける)」・「とぼ(ける)」、微妙に意味が違う気がするし、文脈から判断するしか…
漢検での出題実績はあるのだろうか。

「のろ(ける)」とも読めそうだが、「のろける」という言葉は漢字ペディアに載っていなかった。
ネット上の他の国語辞典を見ると「のろける」は「惚気る」と書かれるようなので、「惚ける」=「のろける」は無いのかな?


漢和辞典を見てみる。

漢字源の[解字]より。
コツとは(中略)ぼんやりすること。のち「たちまち」の意の副詞となったため、惚が忽の原義をあらわすようになった。

…とのことで、「惚」の原義は「ぼんやり」「うっとり」「ほのか」あたり。
「ほれる」というのは国訓とのこと。
漢語林では「ぼける」「とぼける」も国訓となっている。
その感じだと「ほうける」も国訓かね。

posted by 並句郎 at 20:57|   写真館各記事 | 更新情報をチェックする

2020年05月14日

Google日本語入力

先月、PCを新しくした。(Windows 7 から 10 へ)
そのせいなのかどうか、MSーIMEで謎の挙動が見られるようになった。
詳しい検証はしてないが、Wordを使う時だけ、かな?
Wordのバージョンが古いせいかとも思うが…

例えば、(以下、ローマ字入力での話)
「かきくけこ」と打つと…
「kあkいkうkえkお」となったり、
最初の子音のkが抜けて「あきくけこ」となったり。

で、ググってみると対処法があるような無いような。

そこでこの際、以前からちょっと気になっていたGoogle日本語入力というのをインストールしてみた。

使ってみた結果…
まだまだ使い始めだし、毎日長文を書くわけでもないので、MS-IMEとの差異はあまり感じられない。
が、変な挙動をすることはなくなった。
なお、MS-IMEのユーザー辞書を引き継いで使うことができる。



過去のエントリでネタにしたMS-IMEの問題点がGoogle日本語入力でどうなるか検証してみる。

「祇園・祗園」
どっちも変換候補に出てくる。
まあ「祗園」も地名になっちゃってるし当然か。

「城狐社鼠」
正しく変換された。

「杯盤狼藉」
正しく変換された。


なお、新PCのMS-IMEでは「杯盤狼藉」は正しく変換された。
「城狐社鼠」は相変わらず「城社鼠」となる。



そんなわけで、個人的には大した違いは感じられないし、謎の挙動が無いだけGoogle日本語入力の方がいいかな…
…と一時は思ったのだが…

MS-IMEだと、変換候補が多数ある場合、最初に9個が表示されるが、その時にTabキーを押すともっとたくさんの候補がズラッと出てくる。
その機能がGoogle日本語入力には無い。
漢字ネタを書く身としては、この機能が無いのは痛い。
なんとか実装してくれませんかねぇGoogleさん。

なので取りあえず、IMEを随時切り替えて使うことにした。
おかげでIME切り替えのショートカット(Windowsキー+スペースキー)を覚えた ^^


あとまあどうでもいいが、「Google IME」と呼ばないのはなんでだろー??

posted by 並句郎 at 21:02| 漢字の周辺 | 更新情報をチェックする

2020年05月09日

無差別級漢字 今昔写真館 042 「皐」

橋。
konjaku042.JPG


川崎市。
撮影は昨年の5月…ではなく3月 ^^;
交差点名としては「皐橋」のようだが、写真のように歩道橋名のほか、バス停名や店名など多くの場合「さつき橋」と書かれる。
「皐」が当用漢字~常用漢字ではないせいか?
でも平仮名にしちゃうと「皐」なのか「皐月」なのか「五月」なのか、はたまた「早月」とかヘタすりゃ「札木」とかかも?
…なんて分からなくなる。
なので「皐橋」の表記が広まってくれると嬉しい。

…が、本当はもともと「さつき橋」で、誰かが勝手に「皐」の字を当てた可能性もあったりするかも???



漢字ペディアによると「皐」は漢検準1級配当。部首は「白」。
読みは、
 音読み=コウ
 訓読み=さわ・さつき
[なりたち]は、
会意。白と、夲(とう)(すすむ。皐下部.GIFは変わった形)とから成る。白光が放出するさまにより、しろい意を表す。「皞(カウ)」の原字。借りて、魂呼(たまよ)びの声の意に用いる。


この一字で「さつき」ということは、「皐月」の「さつき」は熟字訓なのかな?

「夲」は漢検1級配当の字。(漢字ペディア



漢和辞典を見てみる。

訓読みの「さわ」というのは「沢」のようだ。
そういえば「九皐鳴鶴(きゅうこうのめいかく)」という四字熟語があったな。
あれの「皐」が「沢」か。
「九皐鳴鶴」は漢検の四字熟語辞典に載っていたはずだと思うのだが、何故か漢字ペディアには無いな。
なので四字熟語辞典ONLINE様をご参考に。


字の成り立ちについては上記漢字ペディアと似たような記述が多い中で、漢語林だけは…
象形。白い頭骨と四足の獣の、死体の象形から、しろくかがやくの意味を表す。
…と。
んー、なんだそりゃ。
しかし「皐比(コウヒ)」という熟語があって、虎の皮の意だと。
すると“四足の獣”というのは虎のことなのか?
いや、虎の皮は白くはないから違うか。
いや、でも、白い虎もいるしなぁ。
「白虎」ってのもあるし。
どうなんだろ??

posted by 並句郎 at 20:59|   写真館各記事 | 更新情報をチェックする

2020年05月01日

五十音引き漢和辞典

五十音漢和.JPG2004年2月10日発行、2008年12月20日第6刷発行の
三省堂「五十音引き漢和辞典」を実家から発掘してきた。

今後このブログでは「五十音漢和」と呼ぶ。


「序」より抜粋。
現代日本語に用いられている字義・熟語に重点を置く
現代の日常における漢字の辞典
中高生の日常の漢字学習はもちろん、熟年層の生涯学習用にも役立つように編集
…そういう辞書。

だが一番の特徴はもちろん、
親字の読み、主としてその音(字音)で簡単に早引きできるように五十音順に配列
…ってところ。
なので例えば音「タ」だったら「他・它・多・佗…」と続き、次に「ダ」の「打・朶・兌・妥…」となる。
同音だったら総画数順。

そこで思うことは当然、「いや、そりゃ、読める字ならいいけどね」ってこと。
それに読めても音が複数思いつく字だったら、どの音で引くべきか迷うところ。
例えば「蛇」。
これは「ジャ」のところにあり、「ダ」で引こうとすると「ジャ」に誘導される。
誘導してくれればまだいいが、例えば「経」は「ケイ」のところにあり、「キョウ」で引こうとしてもそこには何故か何もなく誘導すらしてもらえない。
さらに例えば「但」は音読みではなく訓読みの「ただし」のところにあり、音の「タン」で引こうとしてもこれまた誘導すらされない。

そのあたりについては「親字の最も代表的な音(代表的な音がない場合は訓)の五十音順を第一の配列要素として配列した」とあるのみで、明確なルールは無いようだ。

索引としては「音訓索引」と「総画索引」がある。
つまり全く読めなければ画数に頼るしかない。
部首はほとんど何の手掛かりにもならない。
わずかに、同音・同訓・同画数の場合に部首順になるのみ。


そんなわけで、普通の部首順の漢和辞典の方が引きやすい…と思うのは漢字オタクだけかな ^^;
普通の人にはこの辞書の方がいいのかもしれないね。


あ、親字数は約6300、熟語数は約30000。
JISの第一・第二水準の6355字は全て載っている、とのことだが、手持ちの辞書の中ではかなり少なめ。

ほか、中身を見て気がつくのは、字の成り立ち、[解字]とかが無いこと。
同時に形声だとか象形だとかの六書の記載も無い。
そんなもの、オタク以外には不要なのかな ^^;;;;;;;;;;



定点観測。

熟語「通信」「鉄道」「電気」いずれもあり。
「電」など、「電気」以外にも「電器・電球・電子」、果ては「電子計算機・電卓・電脳」などまであり、さすが「日常における漢字の辞典」だ。

「灸」の字の成り立ちについては、前述の通り、記述は無い。

「炙」の後熟語。
字義解説文中に「膾炙」と「親炙」があるのみ。
一応、後熟語は[下接]として掲載されることになっているが、「炙」については[下接]無し。


誕生日漢字は「巨」。
お、珍しくいい字だな。

posted by 並句郎 at 22:12| 漢字の周辺 | 更新情報をチェックする

2020年04月27日

漢熟検の過去問 2019年度

漢熟検過去問
2019年度分(全3回)に差し替えられたので早速やってみた。

結果、いずれも100点満点で、
第1回 1級=76点  2級=96点
第2回 1級=“未実施” 2級=97点
第3回 1級=“未実施” 2級=96点
 (合格基準は80%程度の正解)


2018年度の1級はヤケに簡単だったが、少しは難化したか。
2級は簡単だったな。
特に第2回はひょっとして満点取れたかと思ったが、そこまで甘くはなかった ^^;


1級恒例の専門用語問題は、宝石の和名の書き問題。
ただ例えば
「ガーネット」の和名を漢字で書け、ではなく、
「ガーネット」の和名「ざくろいし」を漢字で書け、なので、さほど難しくはない。


ひとつ疑問点が。
あ、これから解こうというかたにはネタバレになるので最後に書いておこう。

ともあれ、外出自粛で悶々としている皆さんにはいい暇つぶしになりそうですよ。
漢熟検さん、いつもありがとうございます。



合格率は下表の通り。
やはり2級は簡単だったようだ。

■合格率(%)推移■
        1級  2級
2015年度 第1回 21.4 61.9
2015年度 第2回 12.5 36.8
2015年度 第3回 16.6 43.7
2016年度 第1回 42.8 35.0
2016年度 第2回 50.0 31.2
2016年度 第3回 42.8 33.3
2017年度 第1回 66.7 33.4
2017年度 第2回 50.2 51.7
2017年度 第3回 20.0 61.5
2018年度 第1回 18.7 41.6
2018年度 第2回 42.8 54.5
2018年度 第3回 ---- 50.1
2019年度 第1回 25.0 58.8 ←NEW!
2019年度 第2回 ---- 73.9 ←NEW!
2019年度 第3回 ---- 80.0 ←NEW!







▼以下、ネタバレ注意▼

疑問点。
2級の第2回の[三]の10。

球場は大歓声に〔ワキ〕かえった。

「ワキ」を送り仮名つきで書く問題。
自分は「沸き」と答えたが、標準回答では「湧き」。
んー、これは「沸き」の方が相応しいんじゃないのかな?
ひょっとしたらどちらでも正解にしてもらえるのかも知れないが…

posted by 並句郎 at 13:46| 漢字の周辺 | 更新情報をチェックする

2020年04月18日

無差別級漢字 今昔写真館 041 「廃」

止に反対しよう。
konjaku041.JPG


旧国鉄・室木駅。
福岡県。
撮影は1982年。
北海道の札沼線の一部が突然廃止に…
…なったわけではなく、最終運行となった。
手続き上・書類上の“廃止日”を動かすのは色々面倒なんだろう。
なので廃止日は従来発表通りの5月7日のまま、昨日の4月17日が最終運行という形。
しかしまあこんな形でおしまいになるとは…
コロナおそるべし。

あ、写真の室木駅・室木線は、廃止反対運動もむなしく1985年4月1日に廃止。
3月31日が最終運行だったものと思われる。



漢字ペディアによると「廃」は漢検準2級配当。部首は「广」。
読みは、
 音読み=ハイ
 訓読み=すた(れる)・すた(る)・(表外)や(める)
[なりたち]は、
旧字は、形声。广と、音符發(ハツ)→(ハイ)とから成る。こわれた家、ひいて「すたれる」意を表す。常用漢字は省略形による。


準2級配当か。
意外と高いね。

旧字「廢」の音符「發」の意味付けとして、例えば漢語林では「敝」に通じて「やぶれるの意味」で、「广」と合わせて「こわれた家の意味から、すたれるの意味を表す」…とのこと。

また漢字源では「發」は「ぱんと弓をはじくこと」で、「廢」は「家がぱんとはじけて二つに割れてくずれること」…とある。
どんな状況??
雷でも落ちたのかな ^^;


しかし「發・発」の字義を考えると、廃止どころか新規発足!出発進行!みたいなイメージだけどね。
それが「すたれる」意味になるのは、暗に盛者必衰の戒めが込められて… は多分いないだろうけれども。


それより何より。
そもそも写真の「广」は「廃」と読んでいいのだろうかね?
文意としても時期的にも「廃」でしかありえないのは分かるが、このくらい普通にちゃんと書けばいいのに。
アレは何て言うのか、「ゲバ字」かな?
こんなやつ。
アレに通じるものを感じてしまう。

posted by 並句郎 at 22:31|   写真館各記事 | 更新情報をチェックする

2020年04月09日

無差別級漢字 今昔写真館 040 「桜」

白い
konjaku040.JPG


相模原市。
撮影は昨年4月。
関東の桜はもう終わってるよね。
札幌はいつ頃かな、と思って開花予想日をググると、花見客が集中するとマズいので発表しません、てなサイトがあったり。
そこまでするかー。
なんだかねー。


漢字ペディアによると「桜」は漢検6級配当。部首は「木」。
読みは、
 音読み=オウ
 訓読み=さくら
[なりたち]は、
旧字は、形声。木と、音符嬰(エイ)→(アウ)とから成る。木の名。日本では、「さくら」の意に用いる。教育用漢字は省略形による。


「旧字」ってのはもちろん「櫻」。
その音符の「嬰」について例えば漢字典では「首かざりの意」とし、木へんと合わせて「首かざりの玉のような果実のなる木、桜桃の意を表す
…とのこと。

なので元々の字義としては桜桃で、上記[なりたち]にある通り、サクラとするのは日本語用法のようだ。

その「桜桃」ってのは何か。
一般的にはサクランボだと思うが、
ユスラウメ?
シナミザクラ?
セイヨウミザクラ?
なんかググると色々出てくる。
まあ、サクラだって1種類じゃないしね。
植物学者でもない身としては、サクランボっぽいやつ、ぐらいの理解で許してください ^^;

posted by 並句郎 at 19:53|   写真館各記事 | 更新情報をチェックする

2020年04月04日

「復活の日」

200404.JPG最近話題の「復活の日」。
映画のコマーシャルをテレビでよく見た記憶がある。
悲しげな女声のテーマ曲も覚えている。最初の6音ぐらい ^^;
が、映画は見てない。
が、原作本(文庫)は読んだはずだ。
で、書棚の奥の奥から発掘して読み返してみた。
あー、こういう話だったか。
ちょっと思てたんと違ったのは、確か同時期に読んだ同作者の「こちらニッポン...」と記憶がごっちゃになっていたせいか。


で、まあ、そうだね…
読んでいて、ふと我にかえり、あぁこれはフィクションかと安心し、次の瞬間、現実世界でもウイルスで大騒ぎであることを思い出して妙な気分になったり。
でもこの本に比べりゃ今のコロナなんて大したことないじゃん、とか思っちゃったり。
今だからこその、不謹慎な言い方だが楽しみ方ができる。
逆に、こんな今だからこそ、人によっては大きなストレスを受ける可能性もあるかと思うので、微・閲覧注意って感じでもある。
映画をテレビで流して欲しいってな要望も多いかと思うが、止めておいた方がいいんじゃないかな。


もちろんウイルスやらについては門外漢だが、この本に出てくるようなウイルスが、天然物か人工物かは問わず今まで世に出てきていないのは、単なる幸運なんじゃないかと思えてくる。
そしていつかはいずれは出てくるんだろうなという気もする。
だってねぇ、中国はあんな感じだし、欧米や日本でも例えば原子力についてさえも色々事故が起こってるように人間の管理能力なんてアテにならないしね。
今回のコロナの致死率がそれほど高くないのも単なる偶然でしょ。

この本のストーリーとしても偶然やら幸運・不運が絡むところは多いが、それはまあフィクションなのでね。
でもフィクションでもいいから、この物語の続編を是非読みたいと思った。
“復活の日”までの。


ストーリーとは別に。
自分が若い頃に読んだ本がこんなにヤケてカビ臭くなって…
内容的にも例えば全世界の人口が35億だとか、言い回しも古風なところがあったりとか、あと印刷されている文字の字体の古臭さとか、色んな“古さ”を楽しめた。
半世紀以上も前の作品だもんね。
自分の手持ちの文庫本は23版、昭和55年発行だが。
あ、ということは、小松左京氏は…
やっぱりもう亡くなっていた。


ひとつ難点を挙げるとすれば…
主人公の名前が、ちょっと、ね。
映画なら問題無いだろうが、文字だけの本だとね。
どうしても某タレントさんで脳内映像化されてしまって、シリアスな話のはずなのにちょっとコミカルな感じに… ^^;

posted by 並句郎 at 03:29| 雑事 | 更新情報をチェックする

2020年03月30日

無差別級漢字 今昔写真館 039 「志」

吉岡 田町。
konjaku039.JPG




宮城交通の、よしおかしたまちバス停。
宮城県。
撮影は1991年。
残念ながら「志村町」ではない。
ドリフで一番若かったのに…
一番若くても70歳か。
自分もトシを取るわけだ。


漢字ペディアによると「志」は漢検6級配当。部首は「心」。
読みは、
 音読み=シ
 訓読み=こころざ(す)・こころざし・(表外)しる(す)
[なりたち]は、
形声。心と、音符止(シ)(士は変わった形)とから成る。きもち・かんがえの意を表す。


訓読み「しるす」は知らなかったかも。
上記漢字ペディアでは「しるす」意の熟語例として「地志」とある。
そうか、三国志とかもそうかな。
でも「志す」とあればどうしたって「こころざす」って読んじゃうよねぇ。
「書き志す」ならまあ「しるす」と読めるかな。


で、なりたち。
上部の「士」部分について。

あれ?
「止」なのか?
「之」だと記憶していたが…
漢和辞典を見てみる。
手持ちの漢和辞典(ここを参照)では全て「之」説。
(現代漢和では「㞢」としているが、この字は「之」の異体字(参考))
漢字ペディアの[なりたち]は角川新字源によるようだが、「止」でいいんですか角川さん?

しかし…(以下全て漢字典より)
「之」の項の[解字]にはこうある。
象形。もと、足跡の形で、「ゆく」意と、とまる意とを表したが、前者には一線を加えて、後者(止)と区別する。
その加えられた一線というのが、「㞢」の字の下線のようだ。

つまり、元々の足跡形そのままからできたのが「止」、
それに一線を加えてできたのが「㞢・之」。
「シ」という音が同じなのも道理、なのかな?

さらに部首としての「止」の解説の中にはこうある。
「寺・志」などの「土」や「士」は「止」の変化した形である。
え~~~、「志」の項では「之」って書いてるじゃないですかー ^^;
まあ「之」も元は「止」(の原形)に一線を加え(て変化し)たものだし、間違いではないのかな??


とにかく。
「志」の上部は多数決で「之」だが、「之」と「止」は親戚なので「止」でもあながち間違いではない、かも。


殿のおかげで勉強になりました。
ご冥福をお祈りします。

posted by 並句郎 at 22:21|   写真館各記事 | 更新情報をチェックする

2020年03月29日

無差別級漢字 今昔写真館 038 「岩」

瀬浜駅。
konjaku038.jpg


当時、国鉄富山港線の、いわせはま駅。
富山県。
撮影は1986年。
先般、JR富山駅の南北に分かれていた富山地鉄の線路が繋がったそうだ。
その北端の終点がこの岩瀬浜駅。
元々私鉄線だったとは聞いていたが、それが富山地鉄だったってのは知らなかった。
詳しくはWikipediaなどを。
色々と珍しいケースだよね。

LRT化されたということで、現在は駅舎というほどのものは無いようだ。
それなら写真の駅舎を待合室として残しておけば…
昭和21年築とあっては無理か。


漢字ペディアによると「岩」は漢検9級配当。部首は「山」。
読みは、
 音読み=ガン
 訓読み=いわ
[なりたち]は、
会意。山と、石(いし)とから成る。山にある大きな石の意を表す。もと、巖(ガム)の俗字。

まあ分かりやすい会意文字だね。
読みも単純だ。
表外読みも無し。
意味としてもほぼ「いわ」の意しか無い。
んー、シンプル ^^

漢和辞典を見ても格別広がりは無い。
が、漢語林の「岩」の項では、「字義と熟語は巌をも見よ」とある。
その「巌(巖)」の項では「岩」は俗字とされている。
「巌(巖)」は形声文字で、「厳(嚴)」が音符。
なので「岩」の「ガン」という音は「厳(嚴)」から来ているのだろう。

posted by 並句郎 at 20:44|   写真館各記事 | 更新情報をチェックする