2018年05月24日

募金

昨年、今昔写真館の「募」のところで、「募集」と「応募」の混同についてちょっと書いたが、今回は毎日新聞サイトのこの記事。

「募金」に「お金を出す」意味、6割弱が認める (魚拓)

「募金をする」という表現。お金を出すこと? 集めること?
 お金を出すこと 29.4%
 お金を集めること 41.3%
 両方の意味を持つ 29.3%



んー…
そうですか。

こうなるともう漢字は表意文字ではなくなってしまうね。

よくある誤用で、例えば「命題」だったら、まだ漢字の表意性が無くもない、ような気もするので、比較的マシ、かもしれない。
だが、「金を出す=募金」はダメだろー。
でもなぁ。
実際のところよく見聞きするしなぁ。
手遅れか。

…ってなことを言うとよく言われるのが、「言葉は変化するものだ」みたいな意見。
だから認めろ、許せ、気にするな、細かいこといちいち嚙みついてんじゃねぇよ! と。
うん。
変化するのはいい。
が、この場合は明らかな誤り、それも正反対方向への誤りが誤りでなくなろうとしている変化だ。
それは極力避けるべきだと思うんだけどねぇ。

まあ、そうやって誤用が定着してしまった言葉を、それとは知らずに自分も使ってる例は多分あるだろうけどもね。
でも今まさに変化の途中で、それが誤りだと知ってる以上、どうしても気になるのは仕方がない。
少なくとも自分は誤用しないようにしよう。

posted by 並句郎 at 21:57| 言葉・疑問 | 更新情報をチェックする

2018年05月21日

漢熟検の過去問 2017年度第1回

漢熟検過去問
しばらく更新されず、もう公開しないことにしたのかと思っていたら、2017年度の全3回分が一挙に掲載された。
ありがとう漢熟検! 受検はしないけど!

で、まずその第1回の2級と1級の問題をやってみた。
結果、いずれも100点満点で、
 2級 97点
 1級 80点!
  (合格基準は80%程度の正解)

2級は過去最高点。

1級は前回前々回に引き続き簡単だった印象。(1級にしては、ね)
3回連続80点というのはすごい偶然だ。

標準解答から外れた解答でも、漢検の許容字体なら漢熟検でも許容されるだろうか。
許容されるなら、1級はプラス1点で81点になる。


1級恒例だった専門用語問題は出なかった。
その代わり(?)に、「自然」のような「○然」という2字熟語の1字目を書く問題が10問。
なかなか斬新な出題だ。
が、この形式で10問も出せる字・語は限られてるだろうね。
いずれまた専門用語問題が復活するんじゃないかと想像。



今回の合格率は、
 1級…66.7%
 2級…33.4%

1級がえらく高いな。
まあそのおかげで自分なんかでも合格圏だったわけだが、実際の受検者にとっては1級のありがたみが… どーなのか。


■合格率(%)推移■
         1級  2級
2015年度 第1回 21.4 61.9
2015年度 第2回 12.5 36.8
2015年度 第3回 16.6 43.7
2016年度 第1回 42.8 35.0
2016年度 第2回 50.0 31.2
2016年度 第3回 42.8 33.3
2017年度 第1回 66.7 33.4

posted by 並句郎 at 19:44| 漢字の周辺 | 更新情報をチェックする

2018年05月14日

無差別級漢字 今昔写真館 012 「新」

千歳空港駅。
konjaku012.JPG



撮影は今月。
最近一番驚いたニュース。
新千歳空港駅、路線改修へ 苫小牧・道東方面が直通に 22年の完成目指す(北海道新聞(アーカイブ))

これだけでは詳細が分からず、なんとも…
その翌日あたりに5ちゃんねるを見てみたが、ルートなどが不明なのでやはりなんとも… な感じだった。

いずれにしてもかなり大規模な工事だ。
事業費は1千億円規模」とのこと。
んー、費用対効果はどうなのか…
もちろん、ヨレヨレのJR北海道が大きな負担をするわけもなく、ほとんどは税金ってことになるのだろう。
世間は納得するのか?って気もする。
恐ろしいほどに寂れきった苫小牧駅が少しでも賑やかになれば、とは思うが…


ルートなどについてもう少し詳しい記事。
新千歳空港駅に大規模改修構想、気動車の地下駅乗入れは大丈夫か(マイナビニュース(アーカイブ))

札幌~道東がスイッチバックにならずによかった。
駅は拡張ではなく丸っきり新設になるのだろうか。
略図の感じからすると、国内線・国際線両ターミナルの中間にできるのか?
新・新千歳空港駅か ^^

現在の線路は貨物用に残すのだろう。
ムダにも見えるが、地下の空港駅に貨物を通すわけにもいくまい。
想像しただけでもやかましくて仕方がない ^^
保線費用はJR貨物にしっかり負担してもらおう。
気動車の件については関係者の皆さんなんとかしてください。


が。
個人的にはそんなことよりも。
ルートがどうあれ、快速エアポートがロングシートってのがねぇ…
あと、空港行きの場合、札幌始発じゃないと座れるかどうかが、ね。
始発だとしても並ばないとだし。
空港発の場合はいくら混雑してても1本遅らせれば座れるし、以前ならそれがクロスシートだった。
しかしロングが増えてからは空港発でも乗る気が失せ、今はバスにしか乗らない。

そういう、ロング嫌いな人が他にもいるのかどうか。
多分いると思う。
「エアポート ロングシート」でググってみたら、やっぱりいた。

これが5分や10分の乗車ならロングでよい。
あるいは全線市街地なら、まあロングでもよい。
しかし空港~札幌で37分、途中緑の中を走る区間も短くはないし、何より観光客も多いはず。
北海道の旅の最初や最後に、景色もロクに見えないロングシートで37分というのはちょっとどうなのかと思わざるを得ない。
クロスのuシートは高いし満席のこともある。

あ、色々ツッコミたいそこのあなた。
混雑緩和云々だとかは承知の上での、沿線民でもない奴の無責任な戯言なので看過されたし。
しかしこれだけ鉄道好きな自分にさえ見向きもされないようでは、やはりちょっとねぇ…
自分の場合には自宅がバス利用に比較的便利なこともあるが。
今回も空港への行き帰りはバスで、このネタにしようと写真を撮るだけのために駅に行った。

…というわけで。
北都交通さんSAPICAを使えるようにしてくださいお願いします ^^;


あ、漢字の話ね ^^;;;
漢字ペディアによると「新」は漢検9級配当。
部首は「斤」。
読みは、
 音読み=シン
 訓読み=あたら(しい)・あら(た)・にい・(表外)さら

「さら」ってのは知らなかったな。
「まっさら」の「さら」かな?
そうらしい

字の成り立ちについて、例えば漢語林では、
形声。斤+木+辛(音)。音符の辛は、刃物の象形。木を切ってたきぎにするの意味を表す。薪の原字。また、切り口があざやかなところから転じて、あたらしいの意味をも表す。
…とのこと。
「シン」って音は「辛」から来てるのか。
それも知らなかった。

posted by 並句郎 at 21:54|   写真館各記事 | 更新情報をチェックする

2018年04月26日

無差別級漢字 今昔写真館 011 「豊」

平館。
konjaku011_1.JPG



札幌・中島公園にある豊平館(ほうへいかん)。
撮影は2001年。
konjaku011_2.JPG札幌もそろそろ桜の季節なのでね。

豊平館は明治に建てられたホテル。
今は宿泊はできないが貸室などとして使われている。


この額の字が気になる。

「豊」は旧字体()のようだが、ワかんむりのようなものが見える。
しかしそんな字は漢和辞典を見ても載ってない。
wiktionaryにも載ってない。
ワかんむりより上の部分もよく分からん。
山の字の左右の縦棒を、上ではなく下に延ばしたら、これに近い形になりそうだが…
書いたのは三条実美らしいが、単に間違えたのか、当時の流行なのか、それとも何か深い意味が…?

「平」も、中の点々が下開きで八の字になっている旧字体。

「館」は新字体っぽいが1画足りないような…?

いや、何も三条先生に楯突く気はありませんけれどもね ^^;


漢字ペディアによると「豊」は漢検6級配当。
部首は「豆」。
読みは、
 音読み=ホウ
 訓読み=ゆた(か)・(表外)とよ

「とよ」って表外読みなのか。
子供だって読めると思うがなぁ。
「とよ」だけじゃ言葉にならないから、とかいう謎理屈なのかと想像。

字の成り立ちとしては、例えば漢字源では、
ホウは、△型にみのった穂を描いた象形文字。豐は「山+豆(たかつき)+音符 丰二つ」で、たかつきの上に、山もりに△型をなすよう穀物を盛ったことを示す。
…とのこと。

posted by 並句郎 at 21:14|   写真館各記事 | 更新情報をチェックする

2018年04月17日

青味がかる

例えばここの写真。
少々青味がかっている。

青でも赤でも何でもいいのだが、この場合の「○味がかる」という言葉。
今まで、「○味+が+かる」だとばかり思っていた。
つまり、名詞「○味」+助詞「が」+動詞「かる」、だと。
まあ何となくすっきりしない感はあった。
「かる」という動詞がどうも不安定というか…

で、ググってみると…
そういう意味での「かる」という動詞は見当たらない。

んで、例えばWiktionaryの「あおみがかる」によると、その語源は、
色名「あお + 接尾辞"み" + 名詞について傾向(そのようになる)を意味する動詞化接尾辞「がかる」

へー、「がかる」で一語なのか。
国語辞典でも「がかる」で出てくる。
例えば大辞林
( 接尾 )〔動詞五[四]段型活用〕
名詞に付いて動詞をつくり、そういうようすである、そのようなふうになる、そういう色を帯びるなどの意を表す。


「がかる」なんて言葉があるのか。
どうも納得いかない。
元来は濁らない「かかる」で、名詞と繋がった時に濁点がついて「がかる」になるのなら分かる。
例えば「先」+「はしる」で「先ばしる」のように。
だがもちろん「ばしる」なんて語は国語辞典に載ってない
しかし「がかる」は載っている。

…んー、そうなの?
それで納得するしかないの?
そーですか。
いや、まあ、このトシになって今さら恥ずかしい話ではありますが… ^^;

posted by 並句郎 at 19:49| 言葉・疑問 | 更新情報をチェックする

2018年04月13日

無差別級漢字 今昔写真館 010 「予」

製麺。
konjaku010.jpg


札幌市内。
撮影は昨年5月。
[讃岐]釜揚げうどん 伊予製麺。
讃岐なのか伊予なのか。
讃岐の人はこれを看過できるのか… ってのは言い過ぎ?

もしかしたら創業者とか社長の姓が伊予なのかも、と思って伊予製麺のサイトを見てみたが、見た限りではそういうわけではなさそう。
それより、トップページのコピー。
ふるさとは四国の伊予、
昔なつかしい味、本場讃岐うどん

?????
讃岐うどんって、伊予発祥なの?
でも讃岐が本場なの??
伊予生まれ讃岐育ちなの???
それともこの会社の創業地が伊予なのか?
色々分からん。

まあ、この店に入ったこともないくせにあれこれ書くのも失礼な話か。
ごめんなさい。


」も「」も懷古冩眞舘でネタにしたので、ここでは「予」を見てみる。


漢字ペディアによると「予」は漢検8級配当。
部首は「亅」。
読みは、
 音読み=ヨ
 訓読み(表外)=あらかじ(め)・かね(て)・われ・あた(える)・ゆる(す)

で、[意味]欄などが(A)と(B)に分かれていて、[参考]として「本来別の意味の二つの字を「予」にまとめた。」とある。
(A)は旧字が「豫」で、「あらかじめ・かねて」など。
(B)は「予」の字体で1級配当で、「われ・あたえる・ゆるす」など。
そーなのか。知らんかった。

んで、伊予の場合は「伊豫」とも書くので(A)の方。

漢和辞典を見ると、なるほど、「予」と「豫」は別の字ってことになっている。

字の成り立ちは辞書によって書いてあることが違うが、「予」は指事または象形。
「豫」は形声。
「象」はそのまんまゾウのことで、例えば漢語林では、
音符の予は、心身ともに伸びやかになるの意味。象は、おっとりした動物のぞうの象形。伸びやかに楽しむの意味を表す。また、転じて、ゆとりをもって備える、あらかじめの意味をも表す。
…などとある。

posted by 並句郎 at 20:09|   写真館各記事 | 更新情報をチェックする

2018年04月08日

四字熟語などパズル用 問題リスト改訂2018

大変なことになってしまった。
AKB48の組閣があり、チーム8の全メンバーが、チームA・K・B・4いずれかと兼任になってしまった。(組閣発表は昨年。新チームでの活動が今春から)
となると、四字熟語などパズルの問題リストに加えねばなるまい。
(既兼任者と5文字氏名は除いて)32名!

それに加えて16期生が(5文字氏名は除いて。以下同)16名!

さらに、昇格済みだが今までリストに加えていなかったドラフト2期生が4名!

さらにさらに、ドラフト3期生が16名!

あわせて68名の氏名を覚えなくては!!!

…って、そんな義務はどこにも無いのだが、まあ意地ですよ意地。
何の意地だか分からんけども ^^;

16期生の一部とドラフト3期生は正規メンバーではなく研究生なのではと思うが、AKB48オフィシャルサイトメンバーの一覧ページでは研究生というくくりになってないので、今回追加した。
メンバー個々のページには研究生マークがあるが、いちいち確認するのが面倒なので ^^;

氏名の文字についてもそのページに従っている。
というか、そのページから文字を拾ってリストを作ったので、もし誤字があったらオフィシャルサイトの責任!
今回追加分に髙橋さんが2名いるのだが、普通の「高」ではなく、はしごだかの「」になってるとか、その辺も含めて。

同じく追加分に佐藤詩(しおり)さんという人がいる。
じゃなくて詩さん。
ググってみると「」で間違いないようだ。
うーむ。。。
念のため漢和辞典を見てみたが、やはり「」には「おる」という読みも字義も無い。
が、唯一、漢語林の[解字]にこうある。
音符の戠は、の原字で、おるの意味。ことばを縦横に整えり出して、物事を区別する、知るの意味を表す。
きっと佐藤家には漢語林があるのだろう ^^


追加とは逆に。
一昨年の秋から、リストの改訂は次の組閣の時にまとめてやろうと思っていたので、この間の卒業生(11名)を今回削除した。
それと、SKEなど他グループからの兼任が無くなったので、その分(7名)も削除。

結果、新リストは101名。



それからついでに。
JRの4文字駅リスト。
4年近くほったらかしにしていたが、これも改訂した。



なお、大きな改訂の際にはこうして記事にするが、それ以外にも小さい改訂は気が向いた時にこっそり行うかもしれない。
また、リストの内容は無保証ってことですみませんがよろしく。


四字熟語などパズル本体プログラム 及び 並句郎作の問題リストは、
こちら
または
こちら
からどうぞ。

posted by 並句郎 at 17:57| 漢字の周辺 | 更新情報をチェックする

2018年04月04日

無差別級漢字 今昔写真館 009 「全」

三江線 通記念。
konjaku009.JPG


三江線浜原駅前。
島根県。
撮影は1985年。
先月いっぱいで役目を全うし全線廃止になった三江線が全通した時の碑。
全通から40数年か。
大きな土木工事がたったそれだけで、ってのはねぇ。
かといって全通させてなかったとしても廃止にはなってただろうし、初期の部分開業からは88年だそうで、それなら… それでも… どうだろ。

この碑はどうなるんだろね。
どうにもならんか。このままか。
隣に廃線記念碑でも建つのだろうか。
そんな金も無いか。


漢字ペディアによると「全」は漢検8級配当。
部首は「」。
読みは、
 音読み=ゼン・(表外)セン
 訓読み=まった(く)・すべ(て)


漢和辞典を見てみる。

漢字ペディアでは部首は「」だが、ほとんどの辞書では「」の部には見出し字だけがあり、それは旧字体とされていて、解説は「」の部の方に誘導される。
ただし新選緩和だけは「」の部に解説もあって、「」の部には見出し字も無い。

字の成り立ちとしては、例えば漢語林では、「篆文は、+工。(中略)籀文は、+王。」とあるほか、辞書によって違うが、いずれにしても会意文字。
字義としては訓読みの「まったく・すべて」のように、日本人が「全」の字から想像するものが全て、かも。

posted by 並句郎 at 21:07|   写真館各記事 | 更新情報をチェックする

2018年03月29日

活字 その4

180329_1.JPG以前、「鯟」「幌」「港」を買った店で、
今度は「札」を買ってきた。
札幌の「札」というだけの理由。
字体に特徴は無く、前回の「港」と違って[ネッキ]も1本だし会社名の刻印なども無い。
ネッキ]と[]の、位置と太さ・深さが「鯟・幌」とも違うのと、
側面に他には無い[ピンマーク]があるのが特徴。
(活字各部の[名称]については こちら(活版サテライト様) (魚拓)に拠りました)

180329_2.JPGで、「ピンマーク」って何なの? とググってみると…
大日本印刷のこのページ (魚拓)
ピンマークとは「金属活字の側面にある、鋳造会社をしめすマークのこと
すると「港」の「札幌 黒田」ってのもピンマークなんだね。
しかし、とすると、今回の「札」のピンマーク、単なる丸穴なのだが、これでもどこかの会社のマークなのだろうか??
マークというより単なる目印?
それとも製造工程で勝手にできてしまう何かの痕跡だろうかね?

posted by 並句郎 at 19:49| 漢字の周辺 | 更新情報をチェックする

2018年03月25日

廃止

と、いうわけ(?)で、JR石勝線夕張支線の廃止が決まったようだ。

それを伝えるネット上の記事から抜粋。
例えば朝日。
2019年4月1日に廃止することで合意

これを読んで、ふと。
4月1日に廃止、ということは、列車の運行は、
4月1日まで?
3月31日まで?
 …と分からなくなってしまったのは自分だけ、かな?

これが例えば毎日の記事だと、
4月1日に廃止
で、
運行は3月31日まで
ともあり、疑問の余地が無い。


「4月1日に廃止」というのは、おそらくJRの発表の文面(PDF)そのままなのだろう。
正式には、書類上は、それでいいのだろうが、毎日のように「運行はいつまで」ともしてくれた方が一般人には分かりやすい。
特に朝日の記事では見出しで「来年4月に廃止」とあり、それだと4月の何日に廃止なのか分からず、そこだけを見て「4月いっぱいは運行されるのだな」と解釈されてしまう可能性もあると思う。

それに、一般論としてだが、4月1日に廃止であっても3月31日まで運行されるとは限らない。
3月31日よりも前に実際の運行は終了するのかもしれないし、現時点で既に終了している可能性だってありうる。
例えばJR日高本線は現在、鵡川から先が災害のため不通になっているものの、廃止になっているわけではない。
が、仮にこのまま復旧されずにいずれ廃止となれば、運行最終日と廃止日の間は何年も開くことになる。


もし反対に路線の開業・開通の場合なら、「4月1日に開業」とあれば運行も4月1日からだろうと分かる。
その伝で、「4月1日に廃止」というのは、4月1日に“廃止状態”になる、“廃止状態”が始まる、と考えればいいのだろうか。


まあ、今回の場合は月末・年度末でもあり、3月31日までの運行なのであろうことは想像できる。
が、できればやっぱり「運行はいつまで」とも書くか、「何月(何日)いっぱいで廃止」のような書き方をした方が、自分のようなボケ老人がますます増えていく世においてはより賢明なのではありますまいかねぇ報道関係の皆様。

posted by 並句郎 at 21:20| 言葉・疑問 | 更新情報をチェックする